後援会OBとして学園を支え、共に学ぶ

■東海大学白鴎会
  (東海大学九州キャンパス不知火会)

東海大学を卒業した学生は同窓会会員となりますが、学生の保護者は後援会会員ではなくなってしまいます。しかし、後援会会員として活動された皆様の中から、東海大学に愛着を持ち後援会OBとして教育活動を支援したいという声がありました。そうした動きに応えるために結成されたのが東海大学学園校友会「白鴎会」です。
学園校友会では後援会OBの皆様、特に役員をされていた方は継続して白鴎会(不知火会)を通して校友会活動に参加していただいております。
白鴎会(不知火会)、後援会、同窓会は連携して、学園の活動を支えるとともに、生涯学習の一環として地域に密着した様々な活動を展開しています。

2008年4月に東海大学・九州東海大学・北海道東海大学は統合され、東海大学となりました。これに伴い旧九州東海大学の不知火会は、東海大学白鴎会として活動することになりました。同時に、「東海大学九州キャンパス不知火会」として従来の不知火会の活動も継承して独自の活動を展開していくことになりました。


ホテルリゾートサービスー


建学75周年


オフィシャルマーク使用ガイドライン


学園史資料センター所蔵資料目録検索